職場での始業前、小学生の夏休み、自治会等で行われているラジオ体操の話をしましょう!
ラジオ体操には第一と第二がありますよね!
体操内容が異なるなとは思っても、昔はなにも抵抗なく受け入れておりました。
最近韓国で「ヌルプム体操」が横やりを入れて作成された事例を聞き、日本でも、よもや黄色い話があるのではと思い、少し調べてみました。
現状の調査レベルでは「きな臭い話」は無いようで、目的に合わせて作成されたみたいです。
第一は、低学年から高齢者を含めた「身体をほぐす」ための体操、第二は職場向けの体操だそうです。
そもそもラジオ体操のルーツはアメリカで、1925年に保険会社が健康増進、衛生思想の啓蒙のため作り、
日本には1929年導入され、簡易保険局、日本生命保険協会、NHKが文部省に委嘱されたのがスタートで、1951年に現在の形に定着したとのことです。
小学生時代の夏休みラジオ体操の出席カードが、かんぽ生命がスポンサーであることで合点しました。
ラジオ体操は、まともに実行するとかなりのエネルギーを使い、健康には非常に良いとされています。
人間の600の筋肉の内400を動かせるそうですよ!
毎日の体操は脂肪の燃焼、筋力アップ、肩こりの改善、片頭痛が軽減、足先の冷え性改善、足がむくまない、便秘も改善等いろいろ良いことずくめではありませんか!
ラジオ体操は各々3分間程度の体操ですが、消費エネルギーでみますと、第一は約12kcal、第二では約18kcalと言われ、約12分のジョギングに匹敵するとのことです。
ラジオ体操は一日何回やっても良いそうですが、人間の体温が上がる16時~18時が最良のようです。
ちなみにテレビでもNHK Eテレで朝6時25分より10分間テレビ体操があります。
レオタードの女性が健康体操をしていますが、その中の後半にラジオ体操が組み込まれています。
特に、木曜日は第一および第二の両方が組み込まれており、両方体操したい場合は好都合です。
石じいは毎日、朝はEテレで、夕方は木曜日分を録画・編集して6分間にまとめ、必ず2回体操を実施しております。
特にデスクワーク中心で運動不足の皆さんには是非・是非実施したほうが良いですよ!
簡単ですから即始めましょう!
そして継続は力なりですよ!!
また、ラジオ体操には1級、2級のラジオ体操指導士の資格があるとのことで、何事にも資格が付き物ですね!
ところで、調べているとラジオ体操には第五まであるようです。
聞いたことも見たこともありませんでしたが、YOU TUBEにありましたので面白半分に掲載します。
ラジオ体操第3ラジオ体操第4ラジオ体操第5
だれが何の目的で作ったのでしょうかね!
とても体操できるような代物ではありませんよね。
色々な体操がある中でなぜラジオ体操に列記されているのでしょうかね、不思議です。

また、石じいはラジオ体操の他に、真向法(まっこうほう)を40年近く実施しております。
たった4つの体操ですが、日頃使わない筋肉を鍛えるもので、身体が固い人も体操で柔らかくなります。
これもYOU TUBEにありましたので紹介しましょう!真向法
石じいもこの画像のようにはできませんが、かなり柔らかくなっております。
最近、開脚ヨガの番組等見かけますが、その一部は真向法と同じです。
動きは非常にゆっくりのため、おすすめですので是非お試しください。

ついでですが、若い方には別のメニューもありますよ!
女性向けにはカーヴィーダンスなんかはお勧めですね!!
男性向けには、「BILLY’S BOOTCAMP」が強烈なエクササイズとしてあります。
石じいも5年ほど前まで、ラジオ体操、真向法と並行して実施しておりましたが、大変ハードなためついて行けなくなり、現在は体調のよさそうな時たまに実施しております。
ハードですが、非常に良い運動ですよ!
20~30分実施すると汗だくとなり多くエネルギーを消費し、体重削減とシェイプアップに役立つと思いますよ。
是非、色々な運動をすることで、体調管理および若返りを図りましょう!!