今回も宇宙人の話です。
5年前、ロシアメドベージェフ大統領(現在首相)が、テレビのインタビューの後、オフレコと思ってインタビュアーの女性に次のようなことを言いました。
大統領就任時、前任者から「核のボタン」と「宇宙人に関する報告書」を受け取ると発言し、これが放送されました。
報告書は宇宙人を管理する特殊機関からのものです。
そして、“どのくらいの宇宙人がいるのか”という問いには、“数値は言えない、パニックになるだけだから”と答えたのです。

アメリカでも有名な「ロズウェル事件」があります。
1947年にニューメキシコ州ロズウェル付近で墜落したUFOが米軍によって回収されたとして有名になった事件です。
宇宙船や宇宙人の死骸目撃者が多数おり、それらを「エリア51」という秘密基地に確保・保存しているとされています。
宇宙人は4名おりましたが、3名は死亡し1名は生きて捕獲されたそうです。
この1名はクレーという名前で呼ばれ、世界各国の軍事情報提供という取引をアメリカとしていたとのことです。
これにより冷戦における米国の勝利を決定的なものにしたなどと言われています。
ソ連も同様な動きをしていたのではないでしょうかね!
また、月着陸のアポロ計画は月にあるグレイの基地へ使者を派遣するための計画だったとも言われています。
現実に月着陸はテレビ放送されましたが、2分間公開放送されていない部分があったそうです。
また、月着陸の映像が国旗がなびいていたことからスタジオ撮影ではとのうわさもたえませんでしたね!
そして、不思議だと感じたのは乗組員が帰還後、笑顔がなかったことですね!
宇宙人と接触したか、宇宙基地を見たのかもしれませんね!
現に乗組員は後日、宇宙人と遭遇したようなことを語っていると言われています。
また、ケネディ大統領の暗殺は、様々な犯行説が飛び交っておりますが、宇宙人情報をソ連と共有しようとしたことが原因であるとの説もあるようです。
前述のように宇宙人から軍事情報入手し、優位に立っていることに対し、危機感(マジェスティ12という組織関連か?)を抱いたのが原因ではないかと・・・
トランプ大統領がケネディ暗殺の秘密文書公開をしましたが、新たなものは公開されず、わからずじまいでしたね!
また、最近トランプ大統領が宇宙軍創設というニュースが伝わってきておりますが、裏には宇宙人の関連があるのかもしれませんね!
ところで、月は地球の衛星としてご存知のことと思いますが、地球の1/4の衛星が存在することは、天文学的には他に例を見ないのだそうです。
そこには宇宙人の基地があるなどという話はよく聞きますね!
地球からは常にある面しか見えず、人工物らしきものが見えるとか、裏側の情報が全くないためこのような話となっているのでしょうね!
そういえば、日本にも竹取物語という最古の物語があります。
竹の中から誕生した姫は3か月で乙女となり、求愛者に無理難題を吹きかけ断念させるという物語ですね。
帝までが熱を上げることとなり、月よりの使者とともに月に帰っていきます。
これって、宇宙人の話ととってもおかしくないですよね・・・。
昔は、根も葉もないことを物語などにはしませんね!

世界各地の伝説および記述には、ほとんど神または偉大な力を有する指導者は天から降りてきたとされています。
日本でも古事記にあるように天照大神など天界から降臨してきたとされています。
キリストも聖母マリアが処女受胎すしたとの福音書もあり、やはり宇宙人の仕業かな・・!
最後に、現在の人類「ホモサピエンス」はDNA検査からアフリカの1人の女性に行き着くといわれております。
約5万年前に遡るのだそうですが、「ダーウィンの種の起源」に当てはまらない突然変異だとのことです。
すなわち環境に適応して変化し種を増やしていたというダーウィンの説ですが、ホモサピエンスはみずからの体毛をなくしてひ弱な状態に変化するのは考えにくいとのことなのです。
同じ部族の中からたった1人の女性が突然変異を起こすなど不可思議ですね!
ここにも宇宙人による遺伝子操作説も出てきております。
また、「ホモサピエンス」以前に、「ネアンタール人」という2足歩行の人類がおりましたが絶滅し、現在の「ホモサピエンス」のみとなっているとのことです。
「ネアンデルタール人」は脳の大きさが現代人の3倍もあり、知的進化をしていたのかもしれませんね!
主に地中海近辺に生息し、火山活動で絶滅したとされています。
これも宇宙人による仕業との説もあるようです。
火星探索等で種の起源の研究が進められていますが、そのうち現代の人類は宇宙人の末裔という結果になるかもしれませんね!

by Hiroyoshi Ishii