前回はCPUについてお伝えしたので今回はメモリについてです。

前回のCPUが作業する人間と例えたので今回のメモリはその作業する人間が使用する机になります。

冒頭でも例えた通り、メモリは作業する人が使用する机になります。
メモリは数値が大きければ大きいほど机の大きさが大きいということになります。

PCでは作業するときに机(つまりメモリ)にたくさんの資料(データ)を置いて作業するのです。
つまり、机は大きいほうが作業がしやすいということになります。