PC選びのポイント(1) CPUってなんだ

CPUとは人間に置き換えると頭脳の部分、PCの計算や処理を行う部分です。

これから数か月パソコンの選び方について書いていこうと思います。
まず最初はパソコンの一番大事なパーツである”CPU”からです。

CPUの欄には次のように書いてあることがあります。
インテル Core i3-7100U (コア数(スレッド数) 2(4)/クロック数2.40GHz)
これを大きく三つに分けると下の図になります。

まず、先頭の”インテル Core i3-7100U”これはそのCPUの名前になります。

次にかっこの中身の”コア数(スレッド数) 2(4)”コア数とはたとえるとPCの中で作業する人数です。
続いてかっこに”スレッド数”とあります。
これは、一人が同時にいくつ作業できるかということです。

最後に書いてある”クロック数2.40GHz”これは作業する速さを表しています。
基本的にはこの数字は大きければ大きいほど作業が速いということです。

では実際にどのようなCPUを選んだらよいか、最近の主流のインテルcoreシリーズについて表1に示します。(下の表1)

表のようにcoreシリーズは後ろについている数字が大きくなればなるほど優秀な物になります。
しかし、その分値段も高くなっていきます。
高いものを買って使いきれずに余らせておくより、自分の仕様用途に合ったものを選ぶようにしましょう。