今、最もチケットが取りにくいピアニストと言われている辻井伸行さんが2月28日に来岡されました。
チケット発売日に半日がかりで、ようやく手に入れ、市立劇場に行ってきました!

コロナ禍での演奏会は休憩なしの約1時間、観客はマスク着用、演奏者への声掛けなし、など条件はありましたが1500名の客席は満席。
優しさと激しさ両方を持ち合わせた素晴らしい演奏、鍵盤の打鍵音や指使いの力強さなど、生演奏ならでは感動がありました。

緊急事態宣言発令後、ユーチューブで演奏動画にたまたま出会い、いつしか夢中になり、いつか生演奏を!という念願が叶いました。
首都圏の緊急事態宣言が解除されたら、どこかに生演奏を聴きに出かけたいと楽しみが増えました。
チケットが取れるかどうかが一番の問題ですが・・・